しゃきレタの日々精進

ADHD持ちの壊滅的に覚えの悪い筆者が、学んだことをアウトプットするサブblog

除菌・殺菌・滅菌…etc の違いとは?

 

よく、新型コロナウイルス関連で、

除菌が~とか、殺菌が~とかって言われていますよね。

 

皆さんはそれぞれの言葉の意味・違いを知っていますか?

 

ちなみに、除菌殺菌は似ていますが違うんです

 

 

除菌とは

菌やウイルスを取り除いて、その数を減らすこと

 

”を”除去”するという意味なので、殺してはいないのですね。

 

除菌する菌やウイルスの数・種類はちゃんとした決まりはないようです。

 

殺菌とは

 漢字の通りで、菌を殺すという意味

 

”薬機法”と言う法律で、

消毒剤や薬用せっけんなどの医薬品・医薬部外品には「殺菌」と言う表記ができるけども、

洗剤や漂白剤などの雑貨品には表記ができないようになっているそうです。

 

ただ”除菌”と同様に、殺す菌やウイルスの数はちゃんと決まっているわけではなくて、

一部の菌を殺しただけでも「殺菌」になるので、抹殺されているわけではありません

 

滅菌とは

漢字の通り、菌を滅ぼすこと

限りなく無に近い状態にすること

 

滅菌には「100万分の1以下になること」と明確な定義があるので、除菌・殺菌よりも強力です。

 

ただ、手など生き物の皮膚から菌をいなくならせることは無理なので*1、手術器具や滅菌ガーゼといったに対して使えるワードになります。

 

なので、あまり日常では縁のないワードかもしれません。

 

消毒とは

悪さをする菌を害のない程度まで減らしたり、

感染力を失わせたりたりするなど、無毒化すること

 

要するに、菌はいるっちゃいるけど、病気になったりとか悪いことが起きないように力を失わせる方法ってことですね。

 

消毒も”殺菌”と同様に、

薬機法で、医薬品と医薬部外品にだけ使われるワードと決まっているようです。

 

抗菌とは

菌が増殖するのを防ぐこと

 

よく靴下とか布製品に「抗菌」って書いてあったりしますよね。

 

経済産業省の定義では、抗菌の対象は細菌のみなので、カビなど他の菌には効果がないようです。

 

 

そして、抗菌はウイルスには効果がありませんよ!

抗ウイルスというものはウイルスに対して効果があります。 

 

 

菌とウイルスは別物?

誤解しやすいですが、

実は!菌とウイルスは別物なんです。

 

細菌とウイルスの違い

f:id:syaki_syaki:20210209185946j:plainコロナウイルス(covid-19)

 

細菌は細胞を持っている生物

ウイルスは細胞を持たない無生物

 

細菌よりも、ウイルスのほうが小さい

 

細菌自分で動けるので栄養源がそろうと細胞分裂して増える

 

ウイルスは生きていないので自分では動けず、生き物の体内に入って力を借りながら増える

 

 

抗菌だから~=ウイルスに効く

は間違いです。

 

注意しましょう。

 

 

私自身も勉強になりました!

 

 

参考:

【抗ウイルス】と【抗菌】の違いとは?3つのポイントで徹底解説します!|DO-GEN(どうげん)|DO-GEN(どうげん)|おうち時間の"元気の源"になる休養メディア (do-gen.jp)

「滅菌」・「消毒」・「殺菌」・「除菌」などの違い【用語解説】 | 大衛株式会社|産科・医療・衛生用品ブランドのアメジスト (amethyst.co.jp)

知っておきたい!除菌/抗菌/殺菌/滅菌の違い|除菌ラボ|全薬工業株式会社 (zenyaku.co.jp)

 

☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ

 

最後まで読んでくれてありがとう。

 

スター・読者になるボタン

を押して下さるととっても励みになります。

そちらもよかったらお願いします('ω')

 

*1:”常在菌”という、肌を守ってくれる良い菌がいたりするため