しゃきレタの日々精進

ADHD持ちの壊滅的に覚えの悪い筆者が、学んだことをアウトプットするサブblog

Q.スクショをブログに載せたらダメ? 調べてまとめてみた

 

前回、エクセルの表をスクリーンショットしてブログに貼るという記事をUPしました。

 

その身に着けた(貧弱な)スキルを活用し、

本blogで他サイトの画面をブログに貼りたいなと思ったのですが、

あれ、これって著作権的にいいのかな・・・

と不安に思ったので、

今回はそれぞれの媒体?をスクショしていいのかについて

調べてまとめてみました。

 

f:id:syaki_syaki:20210125170704j:plain

 

 もくじ

 

 

他のサイトのスクショ

・引用の条件を満たせばOK

 

・引用する際は ↓ の5つの条件を満たす必要がある

公開されているサイトのスクショ(オープンになっていないものの引用はNG)

 

.引用元サイトのサイト名とURLを載せる

 

.画像のすぐ下にサイト名・URLを表記する、注釈をつけるなどをして、

その引用した画像が引用元のサイトのものであることを分かりやすくする

 

引用したものが記事のメインにならないように

自分の記事を補足する意味で引用をする

 

.元の画像のイメージを崩すような加工はNG

掲載するうえで必要性の認められるトリミングはOK

 

参考:サイトのキャプチャ(スクリーンショット)を使うのは著作権上OKなのかをざっくりと | ぼくらの研究 (bokuranotameno.com)様より

 

 

 

SNS(Twitterなど)のスクショ

・投稿者に著作権があるので、スクショして自分のブログに載せるのはNG

 

・ただし、一応Twitterの規約では、

「世界中の閲覧を承認することになる」とされているため、

埋め込み機能を使っての引用ならOK

 

参考:Twitterをブログに引用する方法。著作権は?→ルールを守ればOK | BLOG for RUN&LIFE (yozyblog.com)様より

 

 

 

Googleの検索結果の画面のスクショ

 

・ブログなどで「〇〇のやり方・手順」などの説明をするときに

改変(=スクショ画面の加工、モザイク、テキストの挿入など)していない

スクショした画面を用いるのはOK

POINT:手順を説明する用途でしか使ってはいけない

 

・改変した画像はNG

※どうしても加工した画像を載せたい場合は、Googleへ使用許可を得る

 

・サムネイルなど、Googleの検索結果画面を背景にした画像を載せるのも

改変に当たるのでNG

 

Googleの検索結果画面を用いた宣伝(「この記事が検索で1位になりました!」など)は改変していなくてもNG

 

参考:【注意】Googleのスクリーンショットは使用許諾が必要って本当!? (clrmemory.com)様より

 

 

 

Googlマップのスクショ

Googlマップの利用規約に「コンテンツをコピーすること」(スクショも含まれる)が禁止行為の項目に載っているためNG

ただし、埋め込み機能を使った掲載なら大丈夫らしい。

 

参考:[ブログ]スクショNG,ツイッターOK,著作権以外の要注意権利を解説 | 幸せの自給自足 (happy-seed0327.com)様より

 

googleは厳しいんだね・・・

 

 

 

映画のスクショ

・無断転載はNG

 

Q.そもそも"無断転載"になることって?

×映画のスクリーンショットを撮って無断で使用

 

×映画サイトの画像を、無許可で自分のブログに載せる

 

×映画のポスターを写真で撮って無断で載せる

 

×「無断転載禁止」と書かれた画像を載せる

 

×出典元を載せずにブログなどで引用(引用になってない!)

 

 

・動画も勝手に使用するのはNG

POINT:どんな画像の入手方法であれ、映画の画像自体を載せるのは(一部を除いて)NGっぽいね

 

 

・引用する場合は ↓ の4つの項目の条件を満たす必要があるそう

他人の著作物を自分の著作物の中に取り込む場合,すなわち引用を行う場合,一般的には,以下の事項に注意しなければなりません。

  • (1)他人の著作物を引用する必然性があること。
  • (2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
  • (3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
  • (4)出所の明示がなされていること。(第48条)
    (参照:最判昭和55年3月28日 「パロディー事件」)

 著作物が自由に使える場合 | 文化庁 (bunka.go.jp)より

 

(1)の”必然性”

=「この記事に、この引用は必要ないんじゃない?」というような不要な引用NG

 

POINT:引用は必要最低限にしたほうがいい

 

参考:ブログで映画の画像を使うのは違法?著作権やスクショの問題について | 映画ブログで稼ぐための運営術 (oota01.com)様より

 

 

 

 ゲーム画面のスクショ

・ブログ・SNSにゲーム画面のスクショを載せるのは基本的にNG

 

・(保存用や確認用に、個人的に使用するためのスクショならスクショしてもOK)

 

・引用か、メーカーへの問い合わせ(ガイドラインが定められていない海外ゲームに有効)がブログに掲載する手立てではある。

 

引用と認められるには ↓ の項目の条件を満たす必要があるそう

・引用部分が公表された著作物であること

・引用部分と自己の著作物の区分が明瞭であること

・自己の著作物が「主」であり、引用部分が「従」であること

・「引用の目的上正当な範囲内」であること

・改変など、引用部分の著作者人格権を侵害しないこと

・出所を明示すること

なので、やたらめったら「引用」として載せることはできないらしい。。

 

参考:ゲームブログのスクショ画像は著作権侵害?「大体その通りです」 | うさCHANNEL FOR GAMERS (usachannel-steam.com)様より

 

ゲーム画面のスクショを載せるのも、かなりハードルが高いな・・・

 

 ☆★☆★☆★

 

ざっくり調べてみましたが、

結構載せてはいけないものってあるのですね。

ブログを書く身として学ぶことが出来てよかったなと思います。

 

ブロガーさんや動画をアップする方など、著作権に気を付けながら楽しみましょう!

 

※もし間違った情報があれば教えて頂けると助かります

 

 

 ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ☆ミ

 

最後まで読んでくれてありがとう。

 

スター・読者になるボタン

を押して下さるととっても励みになります。

そちらもよかったらお願いします('ω')